結婚式の挨拶文を考える際の心構え

結婚式の風景写真

結婚式の挨拶

新郎新婦はもとより、両親、親族、友人、会社の同僚と各立場でさまざまな表現があるはずです。

新郎新報にとっては人生の晴れ舞台である結婚式。

そんな結婚式での挨拶を頼まれると、頼まれた立場の私達はどんな文章にしようか?と頭を悩ましてしまいますよね。

頼まれたからにはきちんとした挨拶をしたいものです。

心構えとして気をつけること

普段の挨拶とは違って、結婚式では独特の文章や言葉遣いが必要になります。

おめでたい事なので、使用してはいけない言葉(忌み言葉)や重ね言葉、離婚や別れるのを連想させる言葉は使わないようにしましょう。

例えば、死、去る、出る、やめる、戻るなどです。

更に暗い話、不吉な話、自慢話、内容のない話は聞いている人にとって不快に感じさせてしまうのでやめましょう。

様々なスピーチがありますので、そのスピーチによっての構成を考えていけるといいです。また、結婚式ではいきなりスピーチを頼まれることもありますので、予めいくつか考えておくと良いと思います。

初歩的な例

例えば、

「この度はご結婚おめでとうございます。この良き日に立ち会うことができ、大変光栄に思っております。」

というありきたりな言葉だけでも添えるか添えないかで聞こえ方は変わってきます。

祝福の言葉はありきたりなものでも相手に祝福の気持ちは伝わります

砕けすぎず、堅すぎない挨拶が理想だと言えます。ただ長い文章をダラダラと話しているのではなく、3分程度で簡潔かつ、共感を得られる文章を作ることが出来たら、後は本番を迎えるのみです。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク