新郎の父/兄/叔父による謝辞例文 結婚式・披露宴スピーチ

一般的には招待者側全員の代表として、親族の代表となる新郎の父、兄、叔父が行います。適度な長さがすっきりして招待客からは好感を持ってもらえます。冒頭の挨拶、列席者への感謝の言葉、締めの言葉の流れでスピーチするのが基本です。冒頭の挨拶には、出席してくれた事への感謝を入れます。締めの言葉は、今後の結婚生活をどのようにして過ごしていくのかを、決意や豊富として話すと伝わり易いスピーチになるのではないでしょうか。

例文

「皆様、本日はご多用の中、私達の挙式および結婚披露宴にご臨席頂きまして、誠にありがとうございました。このようにたくさんの方にお集まり頂き、たくさんの祝福の声を頂き、この上ない幸せを実感しております。今まで育ててくれた両親はもちろんの事、来賓を始め、ご列席頂いた方に支えられて、晴れの日を迎える事が出来ました。これから新しい生活を迎える私達ですが、まだ真っ白なキャンバスの様です。これから様々な色を付けていくにあったって、皆様にご迷惑をおかけするかもしれません。どうか今後もご指導のほど、よろしくお願いします。そして、絵に描いた様な素敵な家庭が築けるように、努力して参りたい所存でございます。最後に皆様のご健康とご多幸をお祈り致しまして、簡単ではございますが、私のお礼の挨拶とさせて頂きます。本日はありがとうございました。」

スポンサーリンク