新婦が結婚式で気をつけたいポイントと挨拶例文




新婦の挨拶
新婦のスピーチと言ったら代表的な物は、両親への感謝の気持ちを込めた花嫁の手紙です。楽しかった時間も終わりに近づき、クライマックスと言っても過言ではないでしょうか。

文例

(書き出し)

ほとんどの場合が「お父さん、お母さん」から始まるので省略します。
『今まで育ててくれてありがとう。」
「○年間ありがとう」
「2人に初めて手紙を書いたので聞いてください。」
「私は今日から新たな人生のスタートを切ります。」

(エピソード)

書き出しとつなげる為に「思い起こせばこれまでにたくさんのことがあったね。」などを入れます。
「高校時代、門限を破った私に酷く叱責されたのを思い出します。

今思えば、私の事を心から心配してくれての行動だったんですね。

社会人になって、お父さん、お母さんと一緒に出かけることはなくなりました。

3年前、一緒に行ったランチ、

何気ない出来事だけど、今となってはとても幸せな時間をもらってたんだなと感謝してます。

そして、私は○○さんと出会いました。

。。。

。。。

。。

私は○○さんとお父さんお母さんのような幸せな家庭を作ります。

今まで本当にありがとうございました。

ここまで育ててくれてありがとう。

感謝の気持ちでいっぱいです。

きっと幸せになって、元気な赤ちゃん見せに行くからね(笑)」

エピソード部分はそれぞれの人生での出来事をポイントでまとめて2つほど入れるのが最適でしょう。

最後は現代風に笑顔で締めるというのも可愛らしいお嫁さんという感じで初々しいく聞こえやすいです。

スポンサードリンク