結婚式のスピーチ失敗例タブーを知っておく事で成功する挨拶




披露宴スピーチを調べる

結婚式の友人スピーチ、上司、同僚の挨拶、披露宴での新郎の謝辞
成功できれば、拍手喝采。

しかし、

拍手は貰えなくとも失敗で空気を濁してしまうようなことは避けたいものです。

スピーチの失敗例を知っておく

スピーチの失敗は緊張から来るものだけではありません。

言うべきではないことを発言することはタブーです。ウケ狙いのタブーを犯すことはお二人の大事なイベントを壊すだけでなく、多くの参加者からお二人が長年作り上げてきた信頼を失うきっかけにもなります。

結婚式のタブー発現例

別れを連想させる言葉「別れる」「切る」「切れる」などNGとされています。

暴露話や過去の恋愛について

これについては新郎新婦だけではなく、親族の方もいらっしゃるので避けるべきです。

もちろん、お二人との関係性や参加者の顔ぶれによってはこれがネタとなり盛り上がることもありますが、両家の家族や親族など、友達関係ではない参加者がいる場合、基本的に良い印象は残らないという統計データもあります。

自慢話

新郎新婦が主役の日です。自分の話を長々と話したり、自慢ととられる話はやめましょう

下ネタ話

自分では会場を盛り上げようと思っても、結婚式や披露宴はフォーマルな場なので良く思わない方もいるので気をつけましょう

結婚式のあいさつで失敗する理由

  • 結婚式、披露宴でのタブーな発言を知らない
  • 参加者に理解を得られる話し方を知らない

ほとんどが無知による失敗と考えられます。

万が一、盛り上がってタブーな発言を言ってしまったら、謹んだ表情で「失礼しました」など、軽くでよいので必ず謝罪しの一言を挟んで挨拶を進めましょう。

誰も気づいていないような雰囲気であればそのまま話を進めるのもありです。

以上のようなタブーから生まれるスピーチの失敗。

披露宴スピーチや結婚式の挨拶、新郎も謝辞のルールなどちょっとした例文を知っておくだけで嫌な雰囲気を作り出すこともなく、ご自身の役割を果たすことができるはずです。

誰もが楽しく過ごせる披露宴、そんな結婚式でスピーチが完了できたならひとまず大成功と言えるはずです。

受けの良いスピーチとは

  1. 型にはまらず、
  2. 常識を逸脱しない、

この二つが同居するスピーチを目指したいところです。

期待に応える披露宴スピーチを考えるちょっとした知識だけでも入れておきたいですね。

結婚式、披露宴でのスピーチ例文をご参考までに。

スポンサードリンク