職場の上司による披露宴挨拶文例




職場 上司 挨拶例文、披露宴の中で、職場の上司としてスピーチを頼まれたら、職場内での様子を踏まえた上で、基本は誉めることを中心にして文章を組み立てていきます。

注目を集めたいからといって、ウケ狙いのスピーチにならないように気をつけて考えましょう。
上司 社長結婚式挨拶文例

 例文 上司や社長による冒頭の挨拶

(冒頭の挨拶)

新郎新婦、並びにご両家ご家族の皆様、本日は誠におめでとうございます。只今、ご紹介に預かりました○○でございます。

ご年長の方、ご戦敗の方々を差し置きまして、僭越とは存じますが、ご指名により、一言お喜びを申しあげたいと存じます。

どうぞご着席ください。

※[だいたい起立していることが多いので。]
次に人柄と仕事ぶりを交えながら、どんな人物なのか説明していきます。

ここは一番大事です。たとえ役に立たない人でも、決して役に立っていないなんて事は言っては行けません。その人の良いところを全面に出して、スピーチするようにしてください。

例文2 関係性などの適度な挿入

「新郎の○○君は見た目通りのスポーツマンです。サッカーを趣味で行っており、休日などには会社の仲間を誘って、試合をしたりしています。

そんなリーダーシップのある○○君は、仕事でも率先して業務に励み、頼もしい男でもあります。これからは、○○さんとアシストしあいながら、素敵な家庭を築いていってください。」

このような感じで、ストーリーを展開させ、4~5分程度にまとめると良いです。本人の事を良く知らないという方は、文章を考える前に、まず当人のリサーチから始めましょう。知ったかぶりするほどの内容は求められていませんが、本人が「あ、この人オレのことわかってくれてるな!」などと感じることが出来る情報が少し混ざることで、今後の仕事に成長が出やすいとも考えることが出来ます。上司ならではのスピーチは今後の仕事やお二人の未来の生活へも影響が出るものと考えていきましょう。

スポンサードリンク