新郎の挨拶ウェルカムスピーチ、謝辞例文




ウェルカムスピーチ

新郎の挨拶、スピーチ編

近年では媒酌人を立てて結婚式をするスタイルが少なくなってきましたので、披露宴は厳粛なものというより、少しくだけた感じのパーティのようになってきました。ですので新郎として披露宴でスピーチするのは、結構重要なのです。宴の最初と最後をきちっとしなくてはと意気込むばかり、緊張してしまいがちですが、リラックスしてスピーし出来ると良いですね。ざっくり言うと、ウェルカムスピーチでは、披露宴に対する意気込みを入れ、謝辞では列席者にお礼を述べるという感じでスピーチ出来ればいいです。

ウェルカムスピーチ 例文

『本日はご臨席頂きまして、誠にありがとうございます。私どもの新しい門出に、日頃からお世話になっている方達に感謝の意味を込めて、楽しい時間を過ごして頂きたいと思い、私達なりのおもてなしを用意させて頂きました。短い時間ではございますが、楽しんでいって頂ければ幸いです。どうぞごゆっくりとお過ごしください。』

謝辞 例文

『本日はご多用の中、私たち2人の為にお集まり頂き、ありがとうございました。数々の励ましのお言葉やご教訓を頂戴し、深くお礼申し上げます。

皆様の心のこもったお言葉を胸に、生活の糧といたしまして、これから手を取り合っていい家庭を築いていきたいと思います。まだ未熟者の私達ではございますが、これからもご指導をよろしくお願いします。』

長くかっこいい言葉をつらつらと並べるのではなく、短くても気持ちがこもっていればいいのです。短いのであれば丸暗記をして、マイクをもった時に、列席者の顔を見ながらゆっくりとスピーチするだけでも説得力があります。

スポンサードリンク